自立支援医療費(育成医療)

トップ > くらしのガイド > くらしの情報 > 福祉・介護 > 自立支援医療費(育成医療)

自立支援医療費(育成医療とは)

一定の障がいにより治療が必要な児童に対して、医療費の助成を行う制度です。
対象になるのは、一定の障がいを有する18歳未満の児童で、下記のような治療を必要とする方です。

自立支援医療受給者証 (育成医療) の手続方法

医療費の助成を受けるためには、自立支援医療受給者証の交付を受ける必要がありますので、下記のものを用意して申請してください。自立支援医療受給者証を医療機関で提示することにより、自己負担が原則1割負担になります。

  必要書類 申請書 診断書(意見書) 健康保険証または生活保護受給証明書 印鑑 遺族・障害年金の金額がわかる書類(保護者) 個人番号 旧受給者証
区分  
新規交付申請 〇(注1) -
再認定申請 〇(注1)
受給者証の再交付(紛失) - - - -
受給者証の再交付(破損) - - -
指定医療機関の変更 - - -
健康保険証の変更 - -
住所変更(町内) - - -
他町村からの転入 -
返還(死亡) - - - - - -

(注1)人工透析などを受けている場合は、「特定疾病療養受給者証」の提出が必要となります。

  • 申請書および診断書の様式は民生年金グループ窓口に用意してあります。
  • 町外から転入した場合など、所得の確認ができない場合は住民税課税所得証明書の添付が必要な場合があります。
  • 医療費助成を受ける病院と薬局を指定する必要がありますので、事前に利用予定の医療機関を決めていただく必要があります。

受給者証交付までの流れ

申請いただいた書類は、診断書の内容等を審査し、平均2週間程度で受給者証が交付されます。ただし、診断書の内容に疑義がある場合には、指定医師への照会などで日数がかかる場合があります

適用になる治療等

次にあげる障がい等は一部の例示です。実際はその病態によって個別に判定されますので、治療を受ける医療機関へお問い合わせ願います。

  • 肢体不自由(先天性股関節脱臼、水頭症、脳性麻痺、クル病、ペルテス病など)
  • 視覚障がい(斜視、白内障、緑内障、網膜剥離など)
  • 聴覚障がい(外耳奇形、慢性中耳炎、小耳症、耳硬化症など)
  • 音声、言語、そしゃく機能障がい(口唇裂、口蓋裂、巨口症、完全埋伏歯など)
  • 腎臓機能障がい(慢性腎炎、腎不全など)
  • 心臓機能障がい(心室中隔欠損症、動脈管開存症、大動脈狭窄症など)
  • 呼吸器機能障がい(気道狭窄、気管軟化症、気胸など)
  • 膀胱直腸機能障がい(膀胱外反症、膀胱奇形、鎖肛など)
  • 免疫機能障がい(HIV感染症)
  • 肝臓機能障がい(胆道閉鎖症など)
  • その他の内臓機能障がい(食道閉鎖、十二指腸閉鎖、小腸機能障がい )

治療用装具費の支給

育成医療の支給認定を受けている場合、その有効期間内において、治療用装具費の給付を受けることができます。
治療用装具費を申請する場合は、下記のものを用意して申請してください。

  1. 申請書(医師による装着証明欄あり)
  2. 装具作成業者が発行した見積書と領収書
  3. 医療保険者の交付する治療用装具費に係る給付決定通知書
  4. 治療用装具を装着した月の上限額管理票

(注)治療用装具費は後払いとなるため、いったん装具費用を装具作成業者へ支払う必要があります。
 

この記事に関するお問い合わせ先

民生部 町民福祉課 民生年金グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2120(直通)FAX:0135-21-2144

くらしのガイドアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集

注目キーワード