風しんに注意しましょう

トップ > くらしのガイド > くらしの情報 > 健康づくり・検診 > 風しんに注意しましょう

例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しています。届出の多くは30代から50代男性が占めており、今後、全国的に感染が拡大する可能性がありますので、注意しましょう。

風しんとは

風しんとは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。感染経路は、飛沫感染でヒトからヒトへ感染します。症状は、発疹・発熱・リンパ節の腫れなどが見られます。成人で発症した場合、高熱や発疹が長く続いたり、小児よりも重症化することがあります。また、妊婦、特に妊娠初期の妊婦がかかると胎児に感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気があるなど、まれに「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

詳しくは、厚生労働省:風しんとは(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

風しんは予防接種で感染を防ぐことができます

下記の方で、これまで風しんにかかったことがない方、風しんの予防接種を受けたことがない方、風しんに対する抗体が陰性の方(風しんの抗体価が低い方)は予防接種で感染を防ぐことができます。任意での予防接種(接種料金は全額自己負担となります)についてご検討ください

(1)30代から50代の男性

(2)妊婦の夫、子どもおよびその他の同居家族

(3)10代後半から40代の女性(特に妊娠を希望する方または妊娠する可能性が高い方)

※1:幼児の場合、麻しん・風しん混合ワクチンの定期予防接種を受けることができます。接種対象は1期:生後12か月から24か月未満、2期:5歳から7歳未満(小学校入学前の1年間)です。忘れずに予防接種を受けましょう。

※2:妊娠中は風しんの予防接種を受けることができません。

※3:北海道では「先天性風しん症候群」を予防するため、妊娠を希望する出産経験のない女性等を対象に、風しん抗体検査費用の助成を行っています。詳しくは、北海道風しん抗体検査(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

民生部 保健課 保健指導グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2122(直通)FAX:0135-21-2144

くらしのガイドアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集

注目キーワード