軽自動車税(環境性能割)の導入について

トップ > くらしのガイド > くらしの情報 > > 軽自動車税(環境性能割)の導入について

令和元年10月1日から、自動車取得税(道府県税)が廃止され、自動車の購入時に燃費性能等に応じて納付する環境性能割が導入されました。新車・中古車を問わず購入価格が50万円を超える車両が対象です。これに伴い、軽自動車分の環境性能割は市町村税となりますが、当分の間は、道府県が賦課徴収を行います。

従来の軽自動車税については、軽自動車税(種別割)に名称が変更されました。

【軽自動車税(環境性能割)の税率】

軽自動車(三輪以上)の区分 自家用 営業用
通常の
税率
臨時的
軽減(※3)
電気自動車、天然ガス自動車(※1) 非課税 非課税 非課税
ガソリン車・ガソリンハイブリッド車(※2) 令和2年度燃費基準+10%達成
令和2年度燃費基準達成 1.00% 0.50%
平成27年度燃費基準+10%達成 2.00% 1.00% 1.00%
上記以外の車 2.00%

※1天然ガス自動車は平成30年排出ガス規制適合車又は平成21年排出ガス基準10%低減車です。

※2ガソリン車・ガソリンハイブリッド車は、平成30年排ガス基準50%低減達成車(★★★★)又は平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限ります。

※3令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の軽自動車を購入する場合、軽自動車税(環境性能割)の税率1%分が軽減されます(この期間外の購入については通常の税率となります)。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 税務課 課税グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2115(直通)FAX:0135-21-2144

くらしのガイドアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集