○余市町印鑑条例施行規則

昭和51年9月25日

規則第13号

(目的)

第1条 この規則は、余市町印鑑条例(昭和51年余市町条例第23号。以下「条例」という。)第17条の規定に基づき条例の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(印鑑登録申請の受理)

第2条 町長は、印鑑の登録申請があったときは、その者の住所、氏名(外国人住民に係る住民基本台帳に通称が記録されている場合にあっては、氏名及び通称をいう。以下同じ。)及び生年月日などを住民基本台帳と照合し、相違ないことを確認の上当該申請を受理しなければならない。

(委任の旨を証する書面)

第3条 条例第3条に規定する「委任の旨を証する書面」とは、代理権授与通知書、代理人選任届及び委任状とする。

(確認の方法)

第4条 条例第4条第4項に定める確認の方法は、次の各号のいずれかによるものとする。

(1) 官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書等であって本人の写真をはりつけ、かつ割印等のしてあるものを提示したとき。

(2) 本町において、既に印鑑の登録を受けている者が、登録印鑑を押印のうえ本人に相違ないことを保証した書面を提出したとき。

(3) その他、町長が本人であることの資料等を提示させ確認したとき。

(回答書の期限)

第5条 条例第4条第5項の規定による、回答書の提出期限は、照会書発送の日から起算して14日以内とする。

(印鑑登録原票の登録事項)

第6条 条例第6条に規定する事項とは、次に掲げる事項とする。

(1) 登録番号

(2) 登録年月日

(3) 氏名

(4) 出生の年月日

(5) 男女の別

(6) 住所

(7) 外国人住民のうち住民基本台帳の備考欄に記録されている氏名の片仮名による表記若しくは片仮名表記の一部を組み合わせたもので表している印鑑により登録を受ける場合にあっては、当該氏名の片仮名表記

(印鑑登録証明書の記載事項)

第7条 条例第13条第1項に規定する事項とは、次に掲げる事項とする。

(1) 氏名

(2) 出生の年月日

(3) 男女の別

(4) 住所

(5) 外国人住民のうち住民基本台帳の備考欄に記録されている氏名の片仮名による表記若しくは片仮名表記の一部を組み合わせたもので表している印鑑により登録を受ける場合にあっては、当該氏名の片仮名表記

(印鑑登録申請書等の様式)

第8条 印鑑登録申請書等、条例に規定する文書の様式は次の各号に定めるところによる。

(1) 印鑑登録申請書 第1号様式

(2) 照会書及び回答書 第2号様式

(3) 印鑑登録原票 第3号様式

(4) 印鑑登録証 第4号様式

(5) 印鑑登録廃止申請書 第5号様式

(6) 印鑑登録証明書交付申請書 第6号様式

(7) 印鑑登録証明書 第7号様式

(文書保存年限)

第9条 印鑑登録原票その他、印鑑の登録及び証明に関する書類(磁気媒体に記録したものにあっては、その記録も含む。)の保存年限は、次のとおりとする。

(1) 抹消された印鑑登録原票 5年

(2) 印鑑登録申請書 3年

(3) 前号以外の印鑑に関する文書 2年

附 則

この規則は、昭和51年10月1日から施行する。

附 則(平成6年3月28日規則第2号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成24年4月13日規則第26号)

この規則は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

余市町印鑑条例施行規則

昭和51年9月25日 規則第13号

(平成24年7月9日施行)