余市町のワインの歴史

トップ > 産業・経済・まちづくり > 産業 > 6次産業 > 余市町のワインの歴史

 年  代   で  き  ご  と 
 1875(明治8)年  北海道開拓使から、りんご、ぶどう(生食用)、梨、スモモの苗木(800本)が配布される。
 1877(明治10)年  ぶどうが結実する。
 1920(大正9)年  大浜中にぶどう(生食用)を植栽し、良質で良食味の栽培に成功する。
 1934(昭和9)年  大日本果汁株式会社 北海道原酒工場(現 ニッカウヰスキー余市蒸留所)が設立される。
 1938(昭和13)年  ニッカウヰスキー、アップルワインを発売する。
 1973(昭和48)年  道立中央農業試験場(長沼町)が、富良野市、仁木町でドイツ10品種、オーストリア9品種他のワインぶどうの試験栽培を開始する。
 1974(昭和49)年  日本清酒株式会社の「余市ワイン」が設立される。
 1981(昭和56)年  北海道の優良品種が決定される。(ミュラートゥルガウ、ツヴァイゲルト・レーベ、セイベル13053、セイベル5279)
 1983(昭和58)年  サッポロワインおよびはこだてわいんが、町内の生産者とワインぶどうの試験栽培を開始する。
 1984(昭和59)年  サッポロワインが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締結する。
町内で本格的なワインぶどうの栽培が始まる。
 1985(昭和60)年  余市ワインが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締結する。
北海道ワインが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締結する。
はこだてわいんが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締結する。
ニッカウヰスキーが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締結する。
 1996(平成8)年  グレイスワインが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締結する。
 2002(平成14)年  池田町ブドウ・ブドウ酒研究所が、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締結する。
 2010(平成22)年  ドメーヌ タカヒコがオープンする。
 2011(平成23)年  余市町が、「北のフルーツ王国よいちワイン特区」に認定される。
 2013(平成25)年  リタファーム&ワイナリーがオープンする。
株式会社 OcciGabiワイナリーがオープンする。
2014(平成26)年  登醸造がオープンする。
2015(平成27)年 ドメーヌ アツシ スズキがオープンする。
平川ワイナリーがオープンする。
2016(平成28)年 ドメーヌ・モンがオープンする。
ワイナリー夢の森がオープンする。
2017(平成29)年 キャメルファーム(ワイナリー)がオープンする。

この記事に関するお問い合わせ先

経済部 農林水産課 産業連携推進グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2123(直通)FAX:0135-21-2144

お知らせアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集

注目キーワード