フゴッペ洞窟

トップ > まちの紹介 > 余市町の紹介 > フゴッペ洞窟

お知らせ

余市水産博物館、旧下ヨイチ運上家、旧余市福原漁場、フゴッペ洞窟は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として6月1日まで臨時休館としておりましたが、道からの休業要請の緩和により、6月2日より開館を開始しております。

併せて、6月2日以降の開館期間中も、施設内の換気ができないことから、フゴッペ洞窟の洞窟内(洞窟前の展示スペースのみ無料で公開しています)、旧余市福原漁場の石蔵、余市水産博物館の歴史民俗資料館を閉鎖しています。また、今年度は団体でのご来館および施設内の案内業務をお断りしています。その他、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行いながらの開館となりますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。

見どころ

岩壁に刻画を残す洞窟遺跡は小樽市手宮洞窟とともに現在日本国内において対比されるものがありません。800を超す刻画があり、人が仮装したようなものから舟、魚、海獣、4本足の動物のようなものがあります。角や翼で仮装した人像が多く、これはシャーマンを表したものと推察され、何らかの宗教的儀礼の場であったのではないかと考えられています。洞窟は堆積土層から発見された土器や骨角器の分析から、およそ2000~1500年前の続縄文期に属する遺跡であることがわかっており、各国から学者や研究者も訪れています。

活動

余市町内の博物館を除く各文化財施設では5月から11月までの土・日曜日、祝日にボランティア説明員たちが各施設の概要を説明しておりますが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、施設職員およびボランティア職員による案内業務を行っておりません。

  • 休館日:毎週月曜日と祝祭日の翌日(月曜日が祝日の場合は開館)
  • 冬期間閉館:12月中旬から4月上旬
  • 開館時間:9時~16時30分
  • 入館料:大人300円、小中学生100円、 団体(20名以上)2割引
  • 見学所要時間:約30分
  • 交通案内:中央バスで「フゴッペ洞窟前」下車、徒歩1分
  • 駐車場:無料

フゴッペ洞窟の写真

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育課 余市水産博物館
〒046-0011 北海道余市郡余市町入舟町21番地
電話:0135-22-6187(直通)FAX:0135-22-6187

または

教育委員会 社会教育課 余市町中央公民館
〒046-8546 北海道余市郡余市町大川町4丁目143番地
電話:0135-23-5001(直通)FAX:0135-23-5299

まちの紹介

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集