アイヌ文化拠点施設検討事業に係る公募型プロポーザルの実施について

トップ > 産業・経済・まちづくり > 契約・入札 > プロポーザル方式 > アイヌ文化拠点施設検討事業に係る公募型プロポーザルの実施について

余市町では、アイヌ文化拠点施設検討事業について、公募型プロポーザルを実施します。詳しくは、アイヌ文化拠点施設検討事業公募型プロポーザル方式実施要領をご覧ください。

本事業に関係する資料はこちら

○第4回認定 認定アイヌ施策推進地域計画

余市町アイヌ施策推進地域計画PDFファイル(265KB)

余市町アイヌ施策推進地域計画(軽微な変更)PDFファイル(179KB)

事業計画PDFファイル(288KB)

 

○令和元年度 道の駅の再編・余市IC周辺地域の活性化に係る官民連携事業調査の結果はこちら

概 要PDFファイル(259KB)

報告書PDFファイル(7723KB)

 

業務の概要

業務名

アイヌ文化拠点施設検討事業

目的

「新たな道の駅」整備を契機とし、アイヌ文化の普及・継承の取組みやアイヌ文化関連の観光プロモーションなどを通じ、アイヌの人々が誇りを持って生活することができ、さらにはその誇りが尊重される社会の実現を目指し、本町の実情に応じたアイヌ文化の効果的・効率的な情報発信のため、調査・検討を行う。

内容

町が後志自動車道余市インターチェンジ付近に移転整備を予定している「新たな道の駅」をアイヌ文化の情報発信拠点として整備すべく、施設規模や機能配置などについて検討する。

(詳細は別紙「アイヌ文化拠点施設検討事業業務仕様書」のとおり)

①展示などアイヌ文化の見える化にあたっての「基本的な考え方」の検討・策定

・展示等情報発信にあたっての「基本的な考え方」の検討・策定

・施設利用者の特性に沿った効果的・効率的なPRチャネルの洗い出し及び検討

②文化拠点施設の整備・運営に関する官民の役割分担の明確化

・後志地域のゲートウェイとして、ターゲットを想定したうえで、情報発信に必要となる施設の規模及び配置の調査・検討

・町内の文化施設などアイヌ文化を視覚的に発信する「ショールーム」としての展示機能及び規模・配置の検討

・展示の企画・整備・運営の業務範囲の想定とそれに対応した官民の役割分担の検討

 

業務委託期間

令和2年11月契約日から令和3年2月26日まで

委託上限額

5,885,000円(消費税及び地方消費税を含む)

公募文、実施要領、各種様式

 

公募型プロポーザルに係る質問に対する回答

質問に対する回答 PDFPDFファイル(116KB)

 

その他

留意事項

本プロポーザルへの参加には、余市町入札参加資格者名簿に登録されている必要があります。登録がない場合は、競争入札参加資格審査申請手続きこのリンクは別ウィンドウで開きますを済ませてください。

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

この記事に関するお問い合わせ先

経済部 商工観光課 観光振興グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2125(直通)FAX:0135-21-2144

お知らせアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集