建築物省エネ法

トップ > くらしのガイド > くらしの情報 > 建築 > 建築物省エネ法

 平成28年4月1日から建築物省エネ法に基づく「建築物省エネルギー消費性能向上計画の認定」および「建築物のエネルギー消費性能基準適合の認定」の申請受付を開始しました。

建築物省エネ法に基づく認定制度

  • 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(平成27年法律第53号)に基づき、建築主などが所管行政庁へ認定申請を行い、基準に適合すると認められた場合は、容積率の特例や認定を受けた旨の表示を行うことが可能となります。

認定制度の種類

  1. 建築物エネルギー消費性能向上計画の認定(法第29条第1項)
    建築主が所管行政庁に申請を行い、法第30条第1項各号に規定する認定基準に適合すると認められた建築物は、省エネ性能向上のための設備について、通常の建築物の床面積を超える部分を不算入とする容積率の特例を受けることができます。
  2. 建築物のエネルギー消費性能に係る認定(法第36条第1項)
    建築物の所有者が所管行政庁に申請を行い、法第2条第1項第3号に規定する認定基準に適合すると認められた建築物は省エネ基準に適合している旨を表示することができます。

所管行政庁

  • 建築基準法に定める特定行政庁(北海道)と限定特定行政庁(余市町)となります。
    (建築確認申請を行う行政庁と同じです)

認定の申請先

  1. 建築基準法第6条第1項第4号に該当する建築物は、余市町長となります。
  2. 1以外の建築物は、北海道知事となります。

申請の受付

  • 上記の1、2いずれも、余市町建設水道部まちづくり計画課まちづくり建築グループとなります。

認定基準・認定手続き

  1. 余市町が認定する計画に関する認定基準、認定手続きは、「余市町建築物省エネ法に係る建築物の措置等に関する要綱」をご覧ください。

 本文(PDF)PDFファイル(101KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 様式(Word)(87KB)

  1. 北海道が認定する計画に関する認定基準、認定手続きは、「北海道建設部住宅局建築指導課建築基準グループ」または「北海道後志総合振興局小樽建設管理部建設行政室建設指導課」にお問い合わせください。

申請手続きの流れ

(1)申請先が余市町長の場合

  • 申請者は審査機関等に技術的審査の依頼をし、適合証が交付されます。その後、申請者は余市町へ認定申請し、認定書が交付されます。申請手続きの流れの説明画像

(2)申請先が北海道知事の場合

  • 申請者は審査機関等に技術的審査を依頼し、適合証が交付されます。その後、申請者は余市町へ認定申請し、余市町は北海道へ申請書を送付します。北海道は余市町へ認定書を送付し、余市町は申請者へ認定書を交付します。申請手続きの流れ

 認定申請手数料

(注)「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」第30第2項の申し出をする場合は、確認申請手数料応分の金額を加算した額となります。また、審査機関等の技術的審査に要する費用は、別途申請者から審査機関等へお支払いください。
(注)北海道が認定する場合の認定手数料は、「北海道建設部住宅局建築指導課建築基準グループ」または「北海道後志総合振興局小樽建設管理部行政室建設指導課」にお問い合わせください。

その他

ご注意

  • 認定を受けようとする住宅は、認定申請を行う前に工事を着工することはできません。
    (認定申請後の着工となります)
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

この記事に関するお問い合わせ先

建設水道部 まちづくり計画課 まちづくり建築グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2124(直通)FAX:0135-21-2144

くらしのガイドアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集

注目キーワード