子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

トップ > くらしのガイド > くらしの情報 > 健康づくり・検診 > 子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウィルス感染症ワクチン)の接種は、平成25年4月1日から定期の予防接種となりましたが、6月14日開催「平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」において、ワクチン接種後に持続的な痛みを訴えるなどの副反応が報告され、ワクチン接種との因果関係を否定できないとして、積極的な接種の勧奨を一時差し控えることとなりました。
なお、今後、国および道からの情報が入り次第、逐次ご案内します。
子宮頸がん予防ワクチンの定期接種は継続するものの、積極的な接種の勧奨は行っていません。接種に当たっては、有効性やリスクを理解したうえで接種を受けてください。
なお、接種費用は今までどおり無料で実施しています。

詳細につきましては、厚生労働省ホームページでご確認ください。
 

この記事に関するお問い合わせ先

民生部 保健課 事務グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2122(直通)FAX:0135-21-2144

くらしのガイドアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集

注目キーワード