障がい児通所支援

トップ > くらしのガイド > くらしの情報 > 福祉・介護 > 障がい児通所支援

障がい児の通所サービス制度についてお知らせします

  1. 障がい児通所支援の内容 
  2. 障がい児通所支援の利用手続き 
  3. 障がい児通所支援の利用者負担 
  4. 余市町内の障がい児通所支援等 提供事業所一覧 

障がい児通所支援の内容

  1. 児童発達支援 
    未就学の児童に、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練、その他必要な支援を行います。
  2. 医療型児童発達支援
    肢体に不自由があり、理学療法などの機能訓練または医療的管理下での支援が必要であると認められた児童に、児童発達支援および治療を行います。
  3. 放課後等デイサービス
    就学中の児童に、授業終了後または休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流促進、その他必要な支援を行います。
  4. 保育所等訪問支援
    保育所などに通う児童に、集団生活への適応のための専門的な支援、その他必要な支援を行います。

障がい児通所支援の利用手続き

障がい児通所支援の利用を希望する場合は、町民福祉課民生年金グループに障がい児通所給付費の支給申請を行います。 

なお、申請を行う前に、町保健師や医療機関などへの相談、利用予定の通所施設または通所事業所への相談および事前見学をしてください。 

申請に必要な持ち物などは利用形態によって様々ですので、町民福祉課 民生年金グループにお問合せください。 

町からの通所給付決定を受けたら、通所受給者証が発行されます(医療型児童発達支援の場合、肢体不自由児 医療受給者証 も発行されます。)ので、その受給者証を持って、利用する通所施設 または 通所事業所と契約を結び、利用開始となります。   

障がい児 相談支援給付費

平成24年度から、障がいのある児童が受けるサービスの利用計画を作成するため、障がい児相談支援事業が創設されました。
この相談支援(=サービスの利用計画の作成など)は、障がい児通所支援を利用するすべての児童が対象になります。

障がい児通所支援の利用者負担

障がい児通所支援を利用した時は、原則、費用の1割を自己負担します。ただし、世帯の所得・課税状況などに応じて月々の負担上限額が決められています。 また、利用施設または利用事業所が別途徴収する費用が発生する場合もあります。

利用者負担の
上限月額区分
及び額
生活保護世帯 市町村民税非課税世帯 市町村民税課税世帯(所得割額)
28万円未満 28万円以上
0円 0円 4,600円 37,200円

余市町内の障がい児通所支援等 提供事業所一覧

町内で運営されている 障がい児通所支援事業所および障害児相談支援事業所は以下のとおりです。

児童発達支援

事業所名 所在地 電話
(0135)
北後志母子通園センター 富沢町5丁目13番地
(余市町福祉センター内)
23-6894
児童発達サポート かがやき 黒川町20丁目5番地8 48-5450
どんぐり 入舟町273番地1 23-8051

放課後等デイサービス

事業所名 所在地 電話
(0135)
サポートセンターたね 入舟町462番地2 22-7242
児童発達サポート よろこび 大川町9丁目48番地5 48-5450
児童発達サポート かがやき 黒川町20丁目5番地8 48-5450
どんぐり 入舟町273番地1  23-8051

保育所等訪問支援

事業所名 所在地 電話
(0135)
どんぐり 入舟町273番地1 23-8051

障がい児相談支援

事業所名 所在地 電話
(0135)
しりべし圏域総合支援センター 黒川町10丁目3番地8 48-5900
小樽四ツ葉学園 余市幸住学園 豊丘町197番地  22-5515

この記事に関するお問い合わせ先

民生部 町民福祉課 民生年金グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2120(直通)FAX:0135-21-2144

くらしのガイドアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集

注目キーワード