地域おこし協力隊

トップ > 産業・経済・まちづくり > まちづくり > 地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは?

どんな制度?

人口減少や、高齢化等の進行が著しい地方で、地域外の方を受け入れ地域おこしなどを通じて、地域を元気に、そしてずっと住んでもらおうという国(総務省)が実施する制度です。

いつ始まったの?

平成21年(2009年)にスタートしました。

最初は全国で89人でしたが、今では約5,500人(令和2年度末)の隊員が全国各地で活躍しています。

余市町ではどうなってるの?

令和2年4月に余市町初となる地域おこし協力隊が着任しました。

現在4名の隊員が活動中です。

隊員紹介

籾木 勝巳 隊員

本間 朋子 隊員

實田 有希 隊員 (準備中)

高松 亨 隊員 (準備中)

その他関連ページへのリンク

余市町地域おこし協力隊の募集情報

全国の地域おこし協力隊の活動情報このリンクは別ウィンドウで開きます

地域おこし協力隊制度について(総務省「地域力の創造・地方の再生」)このリンクは別ウィンドウで開きます

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画政策課 企画グループ
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
電話:0135-21-2117(直通)FAX:0135-21-2144

産業・経済・まちづくりアイコン

緊急時に!

  • 急病
  • 消防
  • 防災
  • 防犯

くらしのカレンダー

  • 余市町でおこったこんな話
  • 余市町町議会
  • よいち再発見Facebook
  • 宇宙記念館
  • 余市町図書館
  • 広告掲載募集中
  • お問い合わせ
  • リンク集